4月 休業日
8,12,25
0120-38-0404

受付時間 8:00〜18:00

メールでのお問い合わせはこちら

東京・神奈川 (千葉・埼玉は一部)出張可能

  • 通話無料 0120-38-0404
  1. 片付けられない.com  >
  2. シークレットミッション
◆最終更新日:

片付けられず本気で悩んでる人はこちら

ゴミ屋敷シークレットミッション

近所にバレないように偽装しながら作業するサービス

少しでもバレる確率を減らしたい!そんな気持ちにお応えします。

このようなことでお困りの方。お気軽にご相談ください。

  • 近所にバレたくない。
  • 建物のセキュリティーが厳しい。
  • タワーマンションに住んでいる。
  • 費用が高額になっても構わない。
  • 作業日数的には余裕がある。
  • 社会的ステータスを保ちたい。
  • 分譲物件に住んでいる。
  • 訴訟になるか恐れている。
  • 自分の趣味志向を知られたくない。
  • まだ誰にもバレていないはず。

このまま住み続けるので、社会的立場は確保したいという切なる願い

そのゴミ屋敷、人知れず無かったことに・・・。

ゴミ屋敷の片付け業において、近隣にバレるかどうかは非常に重要なポイントです。

特に賃貸ではなく分譲の場合、一般的にはそこに住み続けるわけです。

仮に部屋が綺麗になったとしても、一度近所にバレてしまうと、その暮らしは今までよりも悲惨なことになるかもしれません。

ゴミ屋敷の住人というレッテルをはられ、近隣にお住まいの人たちから陰口叩かれてしまう・・・これは避けたいですよね?

「どうにかして近所には絶対にバレないように作業して欲しい」という願い、お客様としては当然の心理です。

バレないように運び出すには、それなりの偽装と段取りが必要

まだバレていないという認識は実は自分だけであること、私たちの経験的に勘違いされている方たちが多いです。

完全にバレてはいなくても、近所には誰かしら感の良い人がいて、「なんか怪しい」とうっすら感じている人は必ずいます。

悪い意味で注目されている場所で、ゴミが丸見えのポリ袋を大量に運び出したら、それはゴミ屋敷であると宣言しているようなもの。

逆に言えば、ゴミであることが外から分からないように工夫することで、「何を運んでいるのか分からない=ゴミ屋敷とは断定できない」という発想は他社でも行っているシークレットミッションです。

プロとしてさらに完成度を高めるには、回収物の内容を見せない工夫だけでは足りません。

スタッフ自身も堂々と作業することが大切で、用意周到に口裏を合わせたり偽装する必要があると言えるでしょう。

片付けられない.comのシークレットミッションでは、不用品買取業者を装い、ポリ袋ではなくダンボールで運び出します。

しかも不用品買取業者としてホームページと名刺を作成し、管理会社やオーナーに対して先行して挨拶しておきます。

ここでちょっとしたポイントなのが、引越し業者ではなく、不用品回収業者でもなく、あくまで不用品の買取業者として偽装すること。

このまま住み続けるのに引越し業者は不自然ですし、不用品回収業者はゴミ回収業者とも認識される場合があります。

不用品買取業者であれば、ダンボールで梱包した物を運び出していても自然ですし、専用のホームページがあれば確実に信憑性は増すのではないでしょうか?

もちろん作業着やトラックに社名は入れていませんし、管理人などには不用品買取業者として事前に挨拶に伺いますから、当日の作業はスムーズに進むことでしょう。

メリット・デメリット・リスク

メリット

  • バレずにゴミ屋敷を解消できる。

メリットは「ゴミ屋敷であることがバレずに作業できること」この1点のみです。


デメリット

  • 通常よりもコストがかかる。
  • 通常よりも時間がかかる。

このシークレットミッションは、ハッキリ言って作業効率が悪いです。

本来ポリ袋に入れるものをダンボールに入れて運び出すのですから、当然ながら費用的にも時間的にもコストがかかります。

そのコストは「回収量」と「建物の構造」をベースに、お客様の諸事情も考慮して作業プランと費用を導き出します。

シークレットミッションは通常プランに比べ、おおよそ2~3倍程度のお見積り金額になることが多いです。


リスク

  • 絶対にバレないと保証はできない。
  • 物理的に無理な場合、弊社からお断りすることもある。

偽装するぐらいですから、弊社としてもギリギリの行為です。

バレないように尽力しますが、100%バレないという保証はできません。

また諸々の条件を考慮した上で、失敗する確率が高い場合はそもそもシークレットミッションでの対応をお断りする場合がございます。

「近所にバレずにゴミ屋敷を解消したいということ自体がかなりの無理難題である」とご理解いただいた上で、シークレットミッションをご検討いただければと思います。

シークレットミッションの流れ

シークレットミッションは、このような流れで進めて行きます

  1. 現地訪問にてヒヤリングとお見積り、スケジュールを決める。
  2. 作業依頼書にサインをいただき、作業費用のお支払い。
  3. 管理会社に担当スタッフが不用品買取業者として挨拶しに行く。(管理会社との打ち合わせ)
  4. 作業当日、必要があれば「搬出経路の養生」を実施。(管理会社の指示にて)
  5. 部屋内で片付け作業実施。処分する物を持参したダンボールに詰める。
  6. 近隣住人や建物に配慮しながら、回収物をトラックまで運び出す。
  7. 全ての回収が完了したら、搬出経路を汚していないかチェック。(汚れているようなら清掃する)
  8. 管理会社に作業完了の挨拶を行い、帰社する。


~スタッフの心構え~

私たちスタッフはゴミ屋敷を片付ける効率よりも、絶対にバレてはいけないという使命を第一優先に作業いたします。

その結果として流動的な作業になることがありますが、管理会社や近隣住人への配慮を優先すべきと念頭に入れてシークレットミッションを遂行します。

シークレットミッションで提供するのは片付けサービスではなく、お客様の社会的立場を保守するサービスを提供するという認識です。

公認片付けコンサルタントによるアフターフォローで、不安や期待にお応えしてみせます!

片付けられない.comは数ある片付け業者の中でも、常にオンリーワンの存在でありたいと思っています。

私たちはゴミ部屋での片付け作業を、単純にゴミの回収とは考えていません。「暗い過去の清算」「心の片付け」と認識し、お客様の人生を救う仕事だと自負しています。

ゴミ部屋という「負の産物」を繰り返して欲しくないからこそ、ゴミ屋敷化させないアドバイスを親身に行っています。

STOPゴミ屋敷化!無料アフターフォロー

≪このコンテンツの筆者≫

筆者:平良 誠 (片付けられない.com 代表)

【筆者が取得している資格】

  • 整理収納アドバイザー1級

  • 整理収納ベーシックコーチ

  • 発達障害コミニュケーション初級指導者

  • 遺品整理士

  • 事件現場特殊清掃士

筆者(平良 誠)の詳しい紹介はこちら

納得してご依頼いただきたいので、無理な売り込みはいたしません。
まずは現場の状況を把握した上で、プロ目線で色々ご提案させていただきます。

  • 通話無料 0120-38-0404
    0120-38-0404
    受付時間 8:00〜18:00
    4月 休業日
    8,12,25

    お急ぎの方はフリーダイヤルよりお電話下さい。

  • メールでのお問い合わせはこちら

    メールは24時間受付

    ※原則2営業日以内にご返信させいただきます。



運営会社情報

部屋片付け お役立ちコラム

平良 誠

  • 整理収納アドバイザー1級

  • 整理収納ベーシックコーチ2級

  • 発達障害コミニュケーション初級指導者

  • 遺品整理士

  • 事件現場特殊清掃士

鳥居 秀浩

  • 住宅収納スペシャリスト

  • 整理収納アドバイザー2級

佐藤 晃

  • 事件現場特殊清掃士

  • 遺品査定士

  • 整理収納アドバイザー2級

  • 福祉住環境コーディネーター