ゴミ屋敷、本気でお悩みなら 片付けられない.com

東京・横浜・川崎を中心に神奈川・千葉・埼玉までのゴミ屋敷に対応

5月休業日
3,4,5,6,7,8,12,21,28
24時間受付 今すぐお電話ください。フリーダイヤル 0120-38-0404

お知らせ・作業日誌・片付け豆知識のトピックス一覧

ストレスの溜まりやすい部屋

片付け豆知識 2016.09.04 Sun

ゴミ屋敷・汚部屋になる原因として、ADHDと並び最も多いのが「鬱病」です。

ADHDと並ぶと言うよりも、ADHD・鬱病を両方とも持ち合わせている人が圧倒的に多いと思われます。

ADHDは発達障害ですので先天性ということになりますが、鬱病においては全てが先天性というわけではありません。

もちろん先天性(遺伝)の場合もありますが、ほとんどの方は「社会的ストレス」が原因ではないでしょうか?
 
 

圧倒的に多い社会的ストレスからの無気力

職場の環境が辛い。

まず圧倒的に多い原因が、職場でのストレスです。

「ブラック企業」という言葉が定着していますが、過酷な労働時間やパワハラなどが原因で強いストレスを抱えてしまう。

そしてそのストレスを発散できることもなく、誰かに相談できるわけでもない。そもそも、そんな暇がない。

日常の生活サイクルとして、このような負のスパイラルに陥ってしまうと、どうにも抜け出す光が見えず。

それでも皆平等に朝は来て、また過酷な職場に出社する。

全てはこれの繰り返しです。そして無気力になってしまう。
 
 
無気力状態になると部屋の片付けはおろか、入浴や排泄ですら行動に移せなくなることもあります。

仕事から帰宅して玄関でそのまま朝を迎える。

玄関でそのまま寝てしまうのではなく、体が硬直して何も考えられず、気が付いたら朝だった。

弊社のお客様からはこのような声をよく聞きますし、こういう体験談は決して大袈裟な話ではありません。

それでも生きて行くために、本能で食事はとろうとします。食事というか栄養ドリンクですね。

帰宅して栄養ドリンクを飲むぐらいまでが精一杯。実際に鬱病が原因のゴミ部屋には、栄養ドリンクの瓶が大量に散乱しています。
 
 

鬱病を受け入れることで、さらに体調は深刻化する

鬱病であると正しく診断できるのは、精神科医以外には存在しません。

鬱病かもしれないと疑っていても、実際に精神科や心療内科に行くことは非常に勇気のいることですし、その上で「鬱病」と診断されることは更なるストレスになるわけです。

処方薬を飲むと楽になります。でも、それはそれで辛いのです。「自分が鬱病である」という証拠になってしまうから・・・。
 
 

自宅は本来寛ぐべき場所

私たち片付け業者はこのような深い悩みを抱えた人、その散らかった部屋を数多く見ています。

私たちには職場の環境を変えることは出来ません。またその人の真面目で悩みやすい性格を変えることも出来ません。

ただ1つ言えることは、「自宅は本来寛ぐべき場所である」ということだけです。
 
 
仕事のストレスは、大なり小なり誰にだってあります。

その疲れた心と体をストレスから解放するのが、趣味であり交友関係であり我が家でしょう。

全てはバランスの問題でしょうか。浪費したエネルギーを充電する場所がない。
 
 

その部屋で過ごすこと自体がストレスになる

鬱病を患ったお客様の話を聞くと、「気が付いたら部屋がゴミだらけになっていた」と言われる人は多いです。

つまり気が付いていない。自分の危うさに気が付いていない。

部屋がゴミだらけという現状に気が付かないということも問題ですが、そもそもストレスの溜まる部屋になっていることに気が付いていないのです。
 
 

無気力・・・完全に疲れ切っているので、色々なことを最後までやれません。

買い物をすれば、通路に仮置き。食事をすれば、食器はそのまま。テレビやエアコンは常につけっぱなし。

ちょっとした事でも行動するエネルギーが無いので、「とりあえず」が多くなり部屋の中はゴミや物で溢れかえります。

その結果、生活として当たり前の事が当たり前に出来なくなる。それ自体が地味にストレスになるのです。
 
 
クローセットから洋服を出したくても、まずクローゼットの前に置かれた物をどかさないと扉が開かない。

ちょっと自炊をしようと思っても、油にまみれた調理器具がシンクの中に大量に存在する。

浴室やトイレに行こうとも、通路に置かれた物が邪魔で、余裕を持って真っすぐ歩けない。

このような状態になると、その部屋で生活すること自体がストレスになります。

ストレスを開放するべき場所で、逆にストレスを溜めてしまう。本末転倒ですよね。
 
 

天井と床の差が、理想と現実の差

その部屋のストレスは、職場に比べれば極めて地味なストレスです。

多少イライラすることはあっても、その危うさに気が付かない人は多いかもしれません。
 
 
そこで部屋片付け業者としてのアドバイス。自分への警告音を鳴らす判断基準です。

部屋で過ごすにあたり、スムーズな行動を抑制されイラッとした場合はまず「天井」を見てみましょう。
 
 
天井というのは、間取りそのものです。よく引越後に「こんなに広かったんだ」と感じることはあるでしょう。

天井と床を見比べて、明らかに天井が広いようなら要注意。天井のスペースに比べて、床の歩行スペースが異様に小さい場合は要注意です。
 
 
物やゴミは大抵壁際から埋まります。天井と床を横から見て、極端な逆三角形になっていたら・・・それは足元に色々なものが置かれて行動しづらい部屋(ストレスを抱える部屋)ということになります。

天井に物やゴミを溜めることは出来ません。天井は部屋の間取りを常に正しく示してくれています。

つまり天井は理想、床は現実ということですね。床に余裕がないということは、現実に余裕がないということです。
 
 
生きて行く上で、当たり前のことが当たり前に出来る部屋。人として最低限これは維持したいですよね。

このままではヤバい!天井を見ることで、それに気付くキッカケになれば幸いです。